補聴器は、難聴による聴こえの問題を解決することを目的とした音の増幅器である。
形状は多種多様であるが概ね小型である。基本的に入力部、増幅部、出力部、電源の4つの部分から構成される。
増幅は電気的あるいは電子的に行われ、単純に音を拡大するだけでなく、音の感度、ダイナミックレンジ、
周波数分解能、時間分解能、方向性といった要素を考慮しながら増幅を行う。また必要に応じて 不要な雑音を
カットし、SN比を向上させることにより聴こえやすさを追求している。近年では、アナログ補聴器からデジタル
補聴器への移行が進み、現在はデジタル補聴器が主流となりつつある。デジタル補聴器は、ソフトウェア上で
その特性を変更することが可能であり、調整が非常に容易で即時に行うことができる。

また、デジタル制御により高度で複雑な処理が可能となり、最近の補聴器の飛躍的な性能向上に貢献している。
補聴器は、日本国内では薬事法において管理医療機器(クラスU)に指定されており、法的な規制が行われている。
薬事法の規制を受けないものは集音器などに分類され、補聴器とは異なる。使用にあたっては基本的に個人の聴力や
使用状況にあわせた調整(フィッティング)が必要であり、取り扱い店舗、専門店または医療機関で調節する必要がある。

マイクで音を集めて、アンプで音を増幅し、スピーカーで音を発生させる。これを小型化したのが補聴器である。
このアンプがアナログ処理の物をアナログ補聴器と呼び、デジタル処理の物をデジタル補聴器と呼ぶ。
また、補聴器の調節がデジタルなアナログ補聴器を、プログラマブル補聴器と呼ぶ。現在市場に出回っているデジタル補聴器は、
アンプ・調節ともにデジタルな「フルデジタル補聴器」である。補聴器の電源としては主に空気亜鉛電池が使用されている。
非防水の腕時計と同様に、汗や雨などによる水分侵入に弱い(一部には、防水の補聴器もある)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




リンパマッサージ どもり 克服 産み分け 筋トレ 方法 難聴 妊娠したい 摂食障害 赤面症 記憶術 方法 ナース募集 埼玉 復縁 方法


リンク集1 リンク集2



Copyright 2008 補聴器の概要と構造 All Rights Reserved.